ともみちゃんは宇宙人

今日のストーリー
KELLEPICS / Pixabay
ともみちゃんはテレビをみていた。 テレビには宇宙人にさらわれた人として、ちょっと変わったおじさん二人とおばさん一人が話をしていた。 MCのお笑い芸人が質問する。 ”宇宙人はどんな姿をしてるんですか。” ”若い日本人の女の子です。” ”若い女の子やったな。” ”女の子、それも美人の。” 三人の意見は同じだった。 ともみちゃんはそれを見て、”バカ”とつぶやいた。 ”次の質問です。宇宙人とどのように話したのですか。” ”日本語です。普通に話しました。” ”日本語やったね。大阪弁やねん。” ”わしの場合は名古屋弁ですにゃ。” ともみちゃんはそれを見て、”嘘つき”とつぶやいた。 ”では、UFOはどんな形をしていたんですか。” ”あれは、葉巻型でした。” ”そうそう、葉巻型や、びっくりしたわ。” ”いわゆる、葉巻型ですにゃ、そうですにゃ。” ともみちゃんはそれを見て、”本当に誘拐してやる”と叫んだ。 ともみちゃんは、机の引き出しから、大きなダイヤモンドのような石を取り出し 何やら呪文のような言葉を繰り返した。 すると、ともみちゃんの額にもう一つの目が現れ、ダイヤモンドのような石の中にも同じような目が現れた。 ”嘘つきは、やっちゃって、食っちゃおう。” そう言うと、ダイヤモンドのような石の瞳が3回またたいた。 その3日後、ちょっと変わったおじさん二人とおばさん一人は この地上から突然姿が消えてしまった。 世間ではまた宇宙人に誘拐されたけど、また、すぐにもどって来るだろう と噂されているようだ。

 

 

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村