あの星から、幸せを探して、あの星まで。

今日のストーリー
AlexAntropov86 / Pixabay
真夜中の田舎道を歩いていると 不思議な美少女にあった。 ”こんにちは、どこからきたんですか。” ”あの星から。” ”何のために。” ”幸せを探して” ”どこに行くんですか。” ”あの星まで。” あなたは、どうですか。 ”あの星から。” ”何のために。” ”幸せを探して” ”どこに行くんですか。” ”あの星まで。” ”またここであいましょうね。” ”うん。またね。” ”冒険の話きかせて” ”あなたの話も” 私はそう言うと、大きな木に隠してあった 宇宙船に乗って、火星への冒険に出かけた。 不思議な美少女も、大きな木に隠してあった 宇宙船に乗って、冥王星の冒険に出かけた。
skeeze / Pixabay

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村