【タイの田舎のチワワ侍】7.チワワの宮本武蔵先生の秘密の悩み

今日のストーリー
workerin / Pixabay
ときどき、チワワの武蔵先生が姿が見えないときがある。 ”あれ、トンちゃん、チワワどこいったんだ。” ”姿が見えないですね。” 私とトンちゃんは庭を探した。 すると、チワワの武蔵先生は奇妙な動きをしていた。 バナナの木の下あたりで、ぐるぐる回っていたのだ。 ”あれ、そこで変な動きをしてるわ” ”ほんとうだ、どうしたんだろう。” 私達がみていることにはきずいていないようで、必死にぐるぐる回っている。 ”あ、とまった。” ”あ、いやだ、うんこしてる。” ”わんこはああやってやるんだっけ。” ”はじめてみたわ。” そこへ、黒猫の小次郎先生もやってきて、大声で笑い始めた。 ”あの姿はあわれでござるな。人間だったときは立派な侍だったのにざんねんでござる。 すると、チワワの武蔵先生は二人と一匹の視線にきずいて、あわてて後ろ足でうんこに砂をかけはじめた。 ”あ、みたらあかんですにゃ。みたらあかん。” ”なんでぐるぐる回っていたんですか。” ”しかたがないんですにゃ。自然に体がぐるぐるまわるんだにゃ。” ”あのざまわないでござる、武士は恥をしらんとあかんですわん。” ”うるさい、小次郎、勝負するきかにゃ。手加減はせんですにゃ。” ”うんこで喧嘩はやめましょう。戦うは大義のためだと大聖人様はいってましたよ。” すると、チワワの武蔵先生は、あわてて家の中に駆け込んでいきました。 ”拙者、武蔵殿が不憫でござる、なんでチワワに生まれてきたのやら。” ”でも、小次郎先生も黒猫じゃ・・・” ”世間の噂では、黒猫は人様のお役にてっってるらしいですわん。みんなクロネコヤマトとさわいでるですわん。武士は大和魂でござるよ” そういうと、小次郎先生はマンゴの木に壁ドンをして、うんこをするのでした。 ”あれみて、あれみて”トンちゃんがその姿を指さして笑っていました。 みんなちがってみんないいのです。空から、エイリアンの声がテレパシーで聴こえてきました。

 

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
小説ブログ SF小説で、にほんブログ村ランキングに参加中です! はげみになりますので、見ていただいた記事には、是非上のバナーのクリックよろしくお願いします!